それでも日本人に対する差別は許される?

スポンサーリンク

自民党は、LGBTへの理解を促進するため学校などでの知識の普及や相談体制の整備を目指す法案を野党側に示していた。これに対して、差別解消法案をすでに提出している立憲民主党など野党は、行政機関や事業者が差別的な扱いをしないよう「差別禁止」の規定を盛り込むよう求めていた。
自民党は、14日、何が差別に当たるかを規定するのは難しいとして差別禁止の規定を盛り込むことを拒否した一方で、法律の目的や理念に「差別は許されない」と明記する修正案を提示。これを野党側も受け入れ、合意した。

LGBTに関する法案、与野党合意 「差別は許されない」と明記 | ニコニコニュース (nicovideo.jp)

そもそも差別の定義すらできないでしょう、人間の知能では。
こんなの放送法くらいの「形だけ法案」になるのではないでしょうか。
どうせ「日本人に対する差別はノーカンw」みたいな扱いになると思います。

というか与党も野党も、こういう法案を本気で考えている議員ってどれだけいるんでしょうかね。
結局現場レベルでひとつひとつ対応していくしかないんですよ。
法律レベルで一括したってどうせ守られるわけがない……
と思う一方で、「じゃあ人間の感情に任せられるのか?」と訊かれると絶対に「ノー」です。
つまりそれが人間の限界=差別という問題は絶対に解消しない、と思うんですが、まぁこのご時世に政治家(特に自民党の)がそんなこと口にしたらモリカケレベルで一生叩かれるでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました